読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》

自臭症、自己臭恐怖症で悩む人のためのページ。私の自臭症の体験記が同じ症状と日々戦っている方への励ましになれればとてもうれしいです。私が悩み、闘い、苦労し、克服に至った経験が皆様の心の重荷軽減になれればと強く願っています。

自己臭恐怖症に苦しめられて 真っ黒な未来、暗黒時代の私

臭いに敏感になり、臭いを隠すことだけが人生の目標になり、人から変に思われないように生きることだけに、全神経を費やしてきた。

普通の同世代の子は、そんなこと考えないで、楽しく暮らしているのに、なぜ私だけがこんな目に。

 

だからどんどん私は生きられなくなっていった。

人の反応が怖い

人から臭いを指摘されるのが怖い。

一対一の時ならまだしも、異性がいるときや人がたくさんいる中で、『お前臭い』と言われたら、自殺しようと思っていた。

 

臭いだけじゃなく、人の目も態度もすべてが怖かった。

笑い声も怖かった。

いつも私の噂をしているんじゃないかとビクビクしていた。

『鼻』『くさい』『におう』という言葉、その類語や似た発音にも敏感になった。

 

親は臭わないという。

だけど臭うし、人の反応も臭っているようにしか思えない。

これって私の妄想?

確かめることが怖かった。

だからどうしてもできなかった。

 

そして私は彼氏も作ることもなく、ただひたすら隠れて守って耐えるだけの高校生活を送った。

大学生になっても全く明るい展望なんてあるわけもなく・・・・・・

 

これが働くようになっても、結婚しても(いやできない、絶対に)、子供が生まれて保護者会に参加しても、おばあちゃんになっても、ずっと私は悪臭に苦しめられる

そう考えると、死んだ方がマシだと思うようになった。

生きていていいことなんか一つも起きる予感もなかった。

 

このまま、悪臭を発する街のお荷物として、日陰で生きなくちゃいけないのか。

でも、どこにいっても、人はたくさんいる・・・・。

なぜ、なぜ、なぜ、私だけがこんな・・・・

 

はっきりしていたのは、自己臭恐怖症という症状のままいくと、一生精神的拷問を受け続けること。

そんな人生ならば、自分の手で終わらせてしまえ、そう思っていた。

未来、そんなものあるわけない。

絶望、それだけだった、当時の私には。