読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》

自臭症、自己臭恐怖症で悩む人のためのページ。私の自臭症の体験記が同じ症状と日々戦っている方への励ましになれればとてもうれしいです。私が悩み、闘い、苦労し、克服に至った経験が皆様の心の重荷軽減になれればと強く願っています。

自己臭恐怖症を経て対人恐怖症になる

対人恐怖症と自己臭恐怖症

常に人の反応や顔色や言動を伺ってビクビクしていたのだから、もうこの時には完全に出来上がった対人恐怖症だった。

臭いが関係ないところでも、人に気を許せなくなった。

 

人がいるだけで、緊張感が増して、落ち着かなくなったし、息苦しくなったり、心臓の音がすごかった。
そして、私の弱点を指摘されるかもしれないという恐怖に怯えた。

 

また人の言動一つ一つに一喜一憂した。

何でも悪い方向に考え、人が私を笑っているとか影で悪口を言っているとか、嫌っているとか、そんなことばかり考えるようになった。

人の立てる物音一つにも敏感になり、ビクビクした。

だからもっと人の動きが気になった。

 

人からどうにかしてよく思われたいけれど、臭いのせいでそれもかなわない。

ならば、少なくとも嫌われないようにしよう、そう考えた。

それがさらに人の動きに振り回されて、クタクタに神経をすり減らす事になった。

 

対人恐怖症が悪化して、私の未来はますます絶望的になった。

部屋で一人でいる時だけが私が安心できる唯一の環境だった。

だけど、先のことを考えたら、私は部屋の中にいても落ち着かなくなった。

先には絶望しか無いのだから。

 

このまま治らず死ぬまでこんなことで生きるのかと思うと、私にできることは消え去ることか、ただ耐えることだけ