読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》

自臭症、自己臭恐怖症で悩む人のためのページ。私の自臭症の体験記が同じ症状と日々戦っている方への励ましになれればとてもうれしいです。私が悩み、闘い、苦労し、克服に至った経験が皆様の心の重荷軽減になれればと強く願っています。

自分が大嫌いだった 自己否定と臭い

自己臭恐怖症のせいで常に罪悪感でいっぱい。

私がいるだけでみんな迷惑する。


これじゃあ、自己否定感が強まるのも無理は無いし、自分を抹殺したかった。

一人の時はそう思わなかったけれど、人が一人でもいるだけで、私は申し訳なく思った。

私は常に悪臭を発している、特に緊張したりストレスがひどい時にはもうどうしようもなく悪化した。

こう感じて生きていたから、自分を好きになろうなんて思えなくなった。

自分なんか認められないし、私を産んだ親まで嫌いになった。

なんで私がここに存在しているんだろう?

苦しむためだけに生きているのだから、生まれてきたくなかった。


ほかは特に悩みもないし、人様に遅れを取ったりコンプレックスに感じることは少なかったけれど、この臭いだけはすべてを帳消しにして、さらに私を地獄に落とすぐらいの短所だった。

たった一つのためだけに私の人生は終わっていた。

もう諦めようかと思った、人生を。

 

だけど、ただひとつの苦しみのためだけに、人生を終わらせるのも悔しかった

つらいけれど乗り越えれば未来はあるんだ、そう思いたかった。


でも、現実はその壁があまりに高くて、私は何度も挑んでは跳ね返され、絶望の淵に追いやられた。

自己否定感がその結果高まり、ひたすら自分を、症状を、人を呪うだけ

一生このまま続く絶望感、それならば死ぬ選択肢が私の唯一の希望になった時もあった。

 

自己臭恐怖症と戦い、傷つきボロボロになって - headfon’s diary

 

 

自己臭恐怖症に苦しめられて 真っ黒な未来、暗黒時代の私 - headfon’s diary

 

 

自己臭恐怖症・おなら恐怖症・ガス恐怖症、これらが私の人生を滅茶苦茶にした - headfon’s diary

 

 

彼氏も友達も自己臭恐怖症、対人恐怖症のせいでできなかった - 自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》