自己臭恐怖症、私という存在 《自臭症克服記》

自臭症、自己臭恐怖症で悩む人のためのページ。私の自臭症の体験記が同じ症状と日々戦っている方への励ましになれればとてもうれしいです。私が悩み、闘い、苦労し、克服に至った経験が皆様の心の重荷軽減になれればと強く願っています。

彼氏も友達も自己臭恐怖症、対人恐怖症のせいでできなかった

人と親密になればなるほど、私はいたたまれなかった。

せっかく私に好意を寄せてくれているのに、ニオイのせいで離れていくことが怖かった。

仲良くなってくれた人だけに・・・・

 

もし仲良い人に臭いで攻撃されたり避難されたら、その時点で私の人生は詰むと思ってた。

何度も書くようだけど、もう死ぬしか無いって。

 

幸いそれがなかったから、いまこうして生きながらえているし、無事克服に至ったわけだけど、私は今思えば綱渡りの人生だったんだなと思う。

もし友人でも知人でも、誰かが心ない一言を発しただけで、私は命を絶っていたのだから。

 

彼氏なんか、臭いのせいで特にできないと思った。
好意を寄せられても、だからこそ遠ざかった。
私が好きでも、なおさら距離を取らなくちゃいけなかった。

人の好意はありがたいけれど、それ以上に迷惑に感じた。

でも結局私自身が悪いのだから、自己否定はますます強くなる。

 

友だち関係、人間関係も積極的になれず、常に受け身で誘われるのを待っている。

だけど、誘われたところで嬉しくもない。

誘われないともっと嬉しくない。

だから、どっちにしても生きていて嬉しい事なんてなくなっていった。
つらいことだらけ・・・

 

匂いに敏感じゃなかった時はよかった。

かつての楽しかった時を思い起こしても、なんでこうなったの? こればかり考えて涙ばかり流していた。

消臭剤、スプレー、芳香剤、こまめな洗濯、口臭アイテム、これらを人の何倍も使い、いつも守って生きていた。

だけど、それに頼るのも嫌だった。

 

ずっとこんなふうに惨めに生きていくのは耐えられなかった。

 

自己臭恐怖症と戦い、傷つきボロボロになって - headfon’s diary

 

 

自己臭恐怖症に苦しめられて 真っ黒な未来、暗黒時代の私 - headfon’s diary

 

 

自己臭恐怖症・おなら恐怖症・ガス恐怖症、これらが私の人生を滅茶苦茶にした - headfon’s diary